「個別指導のコーチング1」は学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた発達障害・グレーゾーン専門の個別指導塾です。

不登校コーチング

発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)を抱えるお子さんは、独特の感性や感覚をもっています。この感性のズレから、コミュニケーションや集団行動がうまくできず、いじめられてしまうケースがあります。
また、いじめられなくても学校の環境にうまくなじめず、不登校になってしまうことがあります。

不登校になったとき、強引に学校に行かせることは逆効果です。
お子さんのストレスを増大させ、引きこもりや精神疾患などの深刻な状況に陥ることさえあります。
無理に学校に行かせるよりは一度休ませて、落ち着かせましょう。
その上で、学校に行きたくない理由を分析・把握し、対策を考えましょう。
以下はコーチング1へ相談が多い不登校の理由と対応例です。

<不登校の理由>
いじめなど友達関係がうまくいかない。
<対応例>
・先生から友達に話をしてもらう。
・友達はいじめたつもりはないのに、本人がいじめられたと感じるときは、友達から声をかけてもらう。
・改善されない場合はクラスを変えてもらう。
・あまりにひどい場合は転校も視野に入れる。
ソーシャルスキルトレーニングでコミュニケーションの訓練をする。
中学受験で環境を変える。

<不登校の理由>
担任が発達障害を理解してくれない。
<対応例>
・担任にWISCなどの診断書等をもとに、きちんと説明し、理解を求める。
・担任に恐怖感や不信感を持っているなら、クラスを変えてもらう。
・改善されない場合は転校も視野に入れる。

<不登校の理由>
給食を食べることが苦痛になっている。
<対応例>
・給食を無理に食べなくてもいいように学校に相談する。
・お弁当を持たせる。
・一人で食べる場所を作ってもらう。
中学受験で給食のない中学へ進学する。

<不登校の理由>
朝起きられない、もしくは夜寝れない。
<対応例>
・夜更かしの原因となるものを取り除く。
・生活のスケジュールを管理し、生活リズムを一定にする。
高校受験の際に通信制の学校も選択肢に入れる。

<不登校の理由>
勉強についていけない。
<対応例>
私たち「個別指導のコーチング1」にご相談ください。

やむをえず不登校が長期化してしまう場合は注意してください。
多くのお子さんは学校に行かなくなったことで精神的な安定を得られる半面、勉強は確実に遅れてしまいます。
勉強の遅れが生じると、もし復学したいという気持ちが湧いてきても重い足かせになる可能性があります。
ですから、少なくとも学力面では大幅な遅れを生じさせないように、早い段階での対策をお勧めします。

コーチング1ではまずはお子さんの居場所を作るところから始めます。
居場所は塾でも家でも構いません。
個別指導と家庭教師をどちらも選択できますので、より安心できる環境で勉強やソーシャルスキルトレーニングを始めることができます。
そして、安心できる環境の中で、お子さんの特性に合致した指導方針のもと、最適な不登校コーチングを行います。

※発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)と確定診断を受けていないグレーゾーンのお子さんにも対応可能です。
WISCやK-ABC等の診断結果があれば、参考にさせていただきます。

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする