個別指導のコーチング1

フォニックスコーチング

フォニックス
フォニックス

発達の特性に対応した“フォニックス(英語)指導”を行う個別指導塾・家庭教師

フォニックスとは、英語のスペルと発音との関係性をルール化して、正しい読み方を学ぶ方法です。
英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられています。

英語は日本語(かな文字)のような綴りと発音が一致する表音文字とは異なり、スペルと発音が必ずしも一致しません。
この点が以下のような発達の特性を持つお子さんの場合、英語の基礎である「英単語を覚えること」への大きなハードルになります。

上記のような困難がある場合、フォニックスによって「英単語を覚えること」の困難を解決できる可能性があります。

フォニックスの例
英単語はアルファベットの読みと実際の発音が違います。この実際の発音に基づいた読み方を“フォニックス読み”といいます。
例えば、アルファベット読みではA(エー)、B(ビー)、C(シー)、D(ディー)、E(イー)となりますが、フォニックス読みだとA(ア)、B(ブ)、C(ク)、D(ド)、E(エ)となります。 bedという英単語をフォニックス読みで発音すると「ブェッド」となり、実際の発音を表すことができます。

英語の力を向上するフォニックスコーチング

新学習指導要領における英語学習の目標に一つに「日本語と外国語との音声の違い等に気付くとともに、外国語の音声や基本的な表現に慣れ親しむようにする」という狙いがあり、文部科学省は従来型の丸暗記する英語学習からの脱却を図っています。
スペルと発音に違いを学ぶフォニックスは、この新学習指導要領の狙いと一致しています。
そのため、コーチング1では2020年の新指導要領の実施に先駆けて、英語学習においてフォニックスコーチングを導入しています。
フォニックスコーチングの特徴は以下の3点です。

お子さんの英語力・進学の可能性を広げ、目標達成に導く学習方法を私たちと共に見つけませんか?

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159 メールで資料請求・お問い合わせをする