「個別指導のコーチング1」は学習管理を行いながら目標達成へ導く「コーチング」に主体をおいた発達障害・グレーゾーン専門の個別指導塾です。

高校受験コーチング

発達障害・グレーゾーン向けの高校受験対策を行う特別な個別指導・進学塾です!

お子さんが発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)・グレーゾーンだったとしても、小学校のうちはご両親や担任の先生、特別支援教室・通級教室のフォローによって、問題なく学校生活を送れることも少なくありません。

しかし、中学校に上がると環境は大きく変わり、以下の4つのリスクが生じます。

4つのリスク

1.学級担任制でなくなり、担任のフォローが低下する
2.科目担任制になることにより、教師ごとの特性への理解や対応がばらつく
3.思春期による、親子コミュニケーションの困難
4.学習難易度や学習量が増加することによって、適応が難しくなる


このようなリスクがあるため、発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)・グレーゾーンのお子さんにとって、高校受験で苦労するケースが多いです。
特に公立の高校を受験する場合に、内申点が足を引っ張ることが多いです。(科目担当の先生によって発達障害への理解や対応がばらつくことが影響する)

さらに、「お子さんの発達の特性を理解すること」「特性に合った学習指導が行うこと」という発達障害指導のノウハウが必要となります。

高校受験では進学塾で学習するのが一般的ですが、画一的な指導を行う進学塾の集団授業では特性を持つお子さんの多くは苦戦を強いられます。(面倒見の良さを求めて、少人数制の塾や個別指導塾、家庭教師を利用したとしても、発達障害指導のノウハウがなければ、良い結果は望めません。)
また、他の発達障害専門塾では高校受験を想定した学習内容になっていないため、テキスト選びや志望校設定、内申点対策(定期テスト・提出物対策)、家庭学習の指示などが高校受験に対応した内容になっていません。(特別支援学校、通信制高校、フリースクール、チャレンジスクール等を想定した学習内容がほとんど)

コーチング1では以下のポイントで高校受験コーチングを行い、発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)・グレーゾーンのお子さんの志望校合格をサポートします。

1.発達障害の特性の分析・把握

まずはお子さんの発達障害の特性を把握します。特性を無視して学習を進めることは、二次障害につながるリスクが高まります。
コーチング1では主に以下のようなカテゴリーに分け、お子さんの特性を分析・把握した上で、指導方針を決定します。

学習障害(LD)
注意欠陥・多動性障害(ADHD)
自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群、高機能自閉症、広汎性発達障害)

2.都道府県別受験対策および内申点対策

高校受験は都道府県ごとに問題傾向や受験制度が異なります。 ですからまずは都道府県ごとの入試傾向を把握し、受験対策を行います。
受験対策といっても、実際に過去問を解くという意味ではありません。 実際に過去問を解いて行くのは、中学3年生の10月~11月頃からで構いませんが、早い段階から入試傾向を把握し、家庭学習・学習計画の方向性を定める必要があります。
以下を参考にしてください。

東京都立高校受験コーチング
神奈川県立高校受験コーチング
千葉県立高校受験コーチング
埼玉県立高校受験コーチング
大阪府立高校受験コーチング
京都府立高校受験コーチング
兵庫県立高校受験コーチング
奈良県立高校受験コーチング

そして、受験対策だけでは不十分です。
発達障害を抱えるお子さんが苦労する可能性が高い、内申点対策も無視できません。
内申点対策は以下を参考にしてください。
内申対策コーチング

また、不登校や特別支援学級に在籍しているため、通常の高校受験が困難な場合もあります。
そのようなお子さんの選択肢の一つとなるように、コーチング1では今治精華高等学校と提携し、同校の通信課程で学習できる環境を用意しております。
通信課程サポートコーチング

※志望校選びについては「支援教育を行う普通学校」や「発達障害児童を受けいれている私立高校」を選ぶという考え方もあります。以下を参考にしてください。
エンカレッジスクール(東京都)
チャレンジスクール(東京都)
トライネットスクール(東京都)
クリエイティブスクール(神奈川県)
パレットスクール(埼玉県)
エンパワメントスクール(大阪府)
クリエイティブスクール(大阪府)
発達障害受け入れ私立高校(東京・大阪)について詳しくみる

3.学習計画の作成

コーチング1では、授業中に問題の解答・解説を行うだけでなく、授業外で日々やるべきことを週間学習計画表という形で具体化し、学習管理を行いながら、お子さんの学習習慣を築き上げていきます。 ポイントは「時間管理」と「優先順位」です。


中学校生活は小学校より長時間になる学校生活や部活動などによって忙しくなるにも関わらず、お子さんの体力には限界があるため、時間管理によって集中力の範囲内で家庭学習が行えるように指導します。
特に「計画性が弱い」「集中力が続かない」という特性があるお子さんにとって重要です。


また、特性にっては難しい種類の問題や難易度が合わない問題が出てきます。特性や学力に合わせて優先順位をつけ、効率の良い学習が行えるように指導します。

※家庭学習がうまくできない場合は、個別指導と家庭教師を併用するという方法もあります。
家庭教師のコーチング1について詳しくみる

※発達障害(LD、ADHD、自閉症スペクトラム等)と確定診断を受けていないグレーゾーンのお子さんにも対応可能です。
WISCやK-ABC等の診断結果があれば、参考にさせていただきます。

お子さんの進学の可能性を広げる方法を私たちと共に見つけませんか?

資料請求・お問い合わせ

フリーコール0800-111-1159
メールで資料請求・お問い合わせをする